相続とは死亡した者の財産の承継

相続とは、死亡した者が所有している財産を一定の親族等に承継させる制度です。財産にはプラスの財産はもちろん借金等のマイナスの財産も含まれ、無形資産負債である権利や義務も対象になり、相続によってこれらの財産は包括的に一定の親族等に引き継がれることになります。財産に含まれないものは、死亡した者の一身専属の資格等や、国民感情への配慮として位牌や墓などの祭祀財産、そして死亡が原因で支払われるものではありますが死亡時にその人の財産ではなかった生命保険金や死亡保険金、遺族年金等です。財産承継には三つの選択肢があり、残された財産のすべてを借金も含めて無条件に承継するのが単純承認、プラスの財産の範囲内で借金等を承継するのが限定承認、財産について承継する権利の一切を放棄する相続放棄があります。限定承認と放棄に関しては死亡から3か月以内に手続きをすることが求められます。また、遺産分割は、財産を承継する権利を持っている人が配偶者か子供か両親等の直系血族かによって受け取ることができる法定割合が定めらています。ただしその割合で分割する必要はなく全員の合意によって分割割合を決定することができます。遺言書があった場合は、遺言での指定内容が優先されます。

相続対策はお早目に。

相続対策は早ければ早いほど、後が楽になります。うちには財産がそんなにないし、家族仲が良いから、相続でもめることなんてないよ、なんて言って、対策を何もしない人も多いですが、その考え方は大間違いです。はっきりいって、どんなに財産が少なくても、家族の中が良くても、もめるときはもめます。子供たちに金銭への執着がなかったとしても、その配偶者や孫たちまでそうだとは限りません。最初は法定通りの分与で納得していたのに、そういった周囲の意見に流されて、分与に異議を唱え始めるというのは、まったく珍しいことではありません。ですが、もしあなたが、遺言状なり、事前に相続人を集めて財産の分配について話し合いをしておけば、いざその時がきたときにもめる割合を、かなり減らすことが出来ます。たとえば、妻には今後の生活もあるので多めに財産を渡したい、長男は自営業をついでくれたので、店と土地をあげたい、長女はその分現金を多めに、と伝えておけば、子供たちも納得しやすいのではないでしょうか。納得がいかなければ自分が仲裁に入れることで、直接やりあうよりも、お互いの仲がこじれにくくなります。自分が亡くなった後で、自分の財産でもめることのないように、早めに対策をしておきましょう。

check

ヴァンクリーフ&アーペル 買取

チャイルドシート レンタル

ジョイントカーペット

Last update:2017/11/1