被相続人の兄弟が相続人になる場合の留意点

相続が発生したら、遺言書による法定相続人以外への遺産分割指定がない限り、配偶者と子供、配偶者と親、配偶者と兄弟姉妹というような遺産分割になるのが通常です。亡くなった人に子供や親がいなくて兄弟姉妹が財産を承継することになる場合は、他のケースと少し違う点があるので理解しておくことが必要でしょう。まず、兄弟姉妹には遺留分がありません。配偶者や子供や親の場合には、自分の法定相続分の半分の財産を取り戻す権利である遺留分が認められていますが、兄や弟などの場合はありません。また、代襲についても一代限りとなっています。代襲というのは、本来生存していればその人が引き継ぐ権利があったのに既に亡くなっている時は、その子供が権利を引き継ぐというものです。また、兄や弟が財産を承継した場合の税金は二割増しになるという規定もあります。ようするに、配偶者や子供や親は、財産を承継するのは当然といえますが、それ以外の人の場合は予想外の財産受取りということで厳しめの規定になっているということです。

兄弟まで相続権が発生する場合

相続が発生したときに、兄弟が遺産を引き継ぐこともあります。相続権の第一順位は、どの場合であっても配偶者です。その次の順位は子供であり、その次の順位は親であり、最終順位が兄弟となります。基本的には、配偶者か子供、配偶者も死亡している場合は子供が遺産を引き継ぐことがほとんどだと思います。しかし、子供がいない場合や、配偶者も子供もいない場合は、その親が遺産を引き継ぎます。しかし、配偶者も子も親もいない場合は、最終的に兄弟姉妹が遺産を引き継ぐ権利を有し、また、配偶者が存命で子供と親がいない場合も4分の1の権利を有します。後者の場合、配偶者と遺産を引き継ぐ権利でもめる場合がありますので、注意が必要です。更に、権利を有するもの全てがいない場合は、遺産を引き継ぐ者が不在のため、全ての遺産は国庫に帰属します。いずれの場合も、相続は誰にでも必ずおこるものですので、事前に知識をもち、対策をとっておくことも重要です。

pickup

Last update:2015/6/15